読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都にちじょう365 ときどき観光気分

京都に長く住んでいる人が日常の目線で京都の片隅から語ります。 まとめサイト等、他サイトへの文章・写真の無断転載はお断りします。

スポンサーリンク

「没後150年 坂本龍馬」展のチケットが当たった!京都国立博物館に行ってみるよ。

f:id:honeysuckle01:20161006182628j:plain

「没後150年 坂本龍馬展」2016年10月15日~11月27日まで京都国立博物館

当たりくじなど引いたことのない私に坂本龍馬展のチケットがあたりました!
国立博物館内に入るのは本当に久しぶりです。楽しみです。

坂本龍馬がお姉さんに宛てた手紙など、龍馬の人柄が分かるという文書を見るのと楽しみにしているのですが、先日、テレビの取材中に見つかったという手紙の草稿「越行の記」も公開されるそうです。龍馬が殺害される近江屋事件の10日以内に書かれた貴重なものです。

この大発見をされた番組、2年前だったと思いますが、偶然拝見しました。番組内容は、うろ覚えなんですが、家にお宝があるかとお笑い芸人さんが路上を歩く人に聞いてまわるようなコーナーだったと思います。声をかけられた女性が、「坂本龍馬の手紙があります」と答え、「またまた~(笑)どんなニセモノが出てくるんだろう。」という変な期待感を抱いてしまう面白さも半分ありながらワクワクさせられる内容でした。

その後、女性宅にお笑い芸人さんが伺い、お父さんの遺品で、美術商から買ったという「龍馬の手紙」を渡すシーンに驚いたのですが、これが棚に入れるでもなく、「これですね」と床に転がしてあったような・・・(笑) ところがそれがとても価値のあるものだと分かり、坂本龍馬記念館に寄託されたそうです。

あまりまとめサイトは貼りたくないのですが、動画がないので、いきさつはこちらで。

matome.naver.jp

 

「没後150年 坂本龍馬展」は、前期10月15日~11月6日、後期11月7日~27日で展示替があります。

展示替があるのは一部の展示品です。

内容は美術展ホームページからリンクしているPDFファイルで見ることができます。

引用:京都国立博物館㏋ http://www.kyohaku.go.jp/jp/special/pdf/2016_ryoma_list.pdf

www.kyohaku.go.jp

展覧会名 没後150年 坂本龍馬
会期 2016(平成28)年10月15日(土)~11月27日(日)
会場 京都国立博物館 平成知新館(1F・2F)
交通 JR、近鉄、京阪電車、阪急電車、市バス 交通アクセス
休館日 月曜日
開館時間 午前9時30分から午後6時まで(入館は午後5時30分まで)
※ただし会期中の毎週金・土曜日は午後8時まで(入館は午後7時30分まで)
観覧料 一般 1,300円(1,100円)
大学生 1,100円(900円)
高校生 800円(600円)
中学生以下無料

 

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村

【日帰り温泉予約】当日予約OKあり![旅の発見]

安心のパートナー、消費者金融のプランは即日融資です!