読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都にちじょう365 ときどき観光気分

京都に長く住んでいる人が日常の目線で京都の片隅から語ります。 まとめサイト等、他サイトへの文章・写真の無断転載はお断りします。

スポンサーリンク

震災のときは、遠慮なく欲しいものを伝えて欲しい。

あの日、私は引っ越したばかりの今の家から少し離れた公園で息子の帰りを待っていた。京都の今の家の近くでのことだ。

f:id:honeysuckle01:20130423075717j:plain

とつぜん、ふらつきのようなものを感じ、ぐるぐると目が回った。

私の身体に起きた問題ではなく、小さな男の子が空を見上げ、信号機を支える支柱がゆらゆらと大きく動いた。

直感的に遠くで起こっている地震だと分かった。遠くで地震が起こると「ゴーッ」と音がする。

あのときは、ウ~ンウ~~ンとモーターのような聞いたことのないような音だったから、ただ事ではないとすぐに分かった。

息子を連れて15時くらいに家につき、テレビをつけるとあの光景だった。

 

仙台の知人は無事だった。

ただ、情報が全く分からないというので、ツイッターを使い、テレビで見えていることをお知らせした。

 

私には今何ができる?

何が必要か?

 

聞いたけれど、はっきりといわない。

 

東北の方は、あまりあれこれと言わない。謙虚というか、そういう地域性なのだろうと思う。

家にあるものや、食料品をまとめたうえで、断水しているだろうから、と水分をたくさんいれたので、送料の方が高くついてしまった。

私自身が台風で断水と停電を経験したことから、勝手に判断してしまった。

でも、後で分かったのだけど、知人たちからいただいた物の中でお米が一番嬉しかったのだそう。

お米を本場の宮城に送るのなんて、失礼だと思いこみ、荷物に入れられなかったのだ。

 

困ったときは、お互い様、何かあったら、そのときは助け合えばいいじゃないか。

この先、大きな災害に合うことがあれば、親類や友人がいる人は遠慮しないで言うといいと思う。

私も助けてもらう日が来るかもしれないのだから。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村

【日帰り温泉予約】当日予約OKあり![旅の発見]

安心のパートナー、消費者金融のプランは即日融資です!