京都にちじょう365 ときどき観光気分

京都に長く住んでいる人が日常の目線で京都の片隅から語ります。 まとめサイト等、他サイトへの文章・写真の無断転載はお断りします。

スポンサーリンク

40過ぎても英語学習に、もがき続けている理由(DMM英会話はじめました)

TOEICのスコアや英検では、はかれないこと。

 

英語の勉強は、学校で一定期間してきましたが、使う機会がないまま今に至ります。というか、正直に言うと…逃げ続けて今になったという感じです。TOEICは5年前に受けて、780点でしたが、きちんと喋れる意識はありません。むしろ、スコアがあがるたびに、英語ができないことが鮮明に分かるようになりがく然としてしまいました。

f:id:honeysuckle01:20131019213450j:plain

若い頃は、「留学するなら家の敷居をまたぐな」と、父に言われていました。(留学したら外国に嫁ぐことを恐れ、イエローキャブの話を本気にしたらしい)

どういうわけか、たまたま入学できたのが女の園で、英語を使う学部でした。そういう学校で留学が許されないのは酷な話です。さらに悪いことに、ジャージの似合う田舎モンの私は、関西独特のきらびやかな服装をした英語ペラペラの同級生に引け目を感じ、毎日プレッシャーとコンプレックスにさいなまれてました。でも、そういう精神的なものをはねのけてまで立ち上がる勇気がなかったわけですから、もしかしたら、やっぱり海外に行っても、英語のコミュニケーション力はさほどつかなかったかもしれません。

どこへ行っても、英語を話すことから逃れられなかった。

大学卒業後は、この先たぶん英語は関係ない(その時はそう思っていた)、京都らしいドメスティックな会社に就職したんです。もちろん、京都の伝統を受け継ぐ会社に就職したいという希望もあってのことですが。

ところが、そこでも京都の伝統文化を知りたいという外国人のお客様がお越しになり、上司から「英語で誰か案内できひんか~? おお、すいかちゃん、あんた英語できるやろ」と、たまたま英検などを取得していた私に白羽の矢が立ちました。でも、結局、赤っ恥をかいただけでした。それをきっかけに、ますます英語苦手意識が高まりました。

そして…あれから10年以上。再就職先でも、来月からスカイプで英語を話さないとならない事情が出て来たんです。この職場は全く関係ないと思っていたのに、なんでいつも追っかけられるのだろう。

書店で同世代の人が書いた、TOEICの本を手にした。

こないだ、大垣書店に平積みになっていたこんな本をみかけて、思わず購入しました。経歴などを見たところ、ワタシと年齢が同じです。

f:id:honeysuckle01:20160224082857j:plain

著者いわく、あまりランクの高くない大学を卒業、39歳にして積み上げたと言えるキャリアなし。このままではよくないと一念発起してTOEICを学習・受験。その結果、ハイスコアとされる930点を取得したんだとか。

彼は、それまでの会社の採用試験では、書類審査でことごとく落とされていたのに、てのひらを返したように劇的な効果があったそうです。

でも、ちょっと釣られてしまったところもあると思います。
アマゾンの書評にも、私が思っていたのと同じことが書かれていたのですが、彼はTOEIC初受験で930のスコアを取ったとはいえ、それまでに一定の英語の力がついていたと思われる部分が垣間見えるんです。たとえば、TOEICの学習を始める前に、山口英文法講義の実況中継を読み直したとありましたが、これ、私も上下持っているのですが、ある程度頭に文法知識が入ってないと理解できない内容なんです。

 

だから、全くゼロというよりは、受験でセンター試験を受けてみたというような背景がないと、彼の学習方法ではつらいかも知れません。

それでも、TOEIC公式本を何度も何度も学習することでハイスコアを獲得したことは、意外とみんなやっていないことだと思いますし、次回の受験のときは、彼のやり方を参考にしたいと思います。
 
なにより、40過ぎても英語力がついた話は、私にとっては十分に励みになり、やり直しをするモチベーションになりました。ちなみに彼は、このあと、超難関試験である通訳案内士に合格し、金閣寺などを案内しているそうです。ツイッターで質問すると回答をくれました。TOEICだけではつかない会話の力をどのようにつけたのかは、このあと3冊目か4冊目の本で語るのだそう。

 

 

 スカイプ英会話で有名なDMM英会話に申し込みした 

この際と、腹をくくって、DMM英会話に申し込みしました。TOEICスコアを履歴書に書くと、必ずこうなり(;´д`)トホホ状態に陥ることが分かったので、やっぱりスコア相当の英会話力をつけないとならないと思ったからです。背に腹はかえられぬ。

分かっている人には、大きくうなずいてもらえることですが、英会話ができる人から見ると、TOEIC700点台なんて、全然たいしたことがないんですよね。でも、世間はスコア相当の英会話力を求めるというわけですね、きびしいです。

私が、なぜスカイプ英会話を選んだのか、その中でも、DMM英会話にしたかについてちょっと説明すると、スカイプ英会話は、単純に安いからです。一回あたりわずか100円台です。お茶の間留学全盛期の時代に比べたらよい時代になりましたね。

それから、以前、無料のネット英語学習教材として有名だったiKnow(アイノウ)のヘビーユーザだったのですが、数年前から有料(1480円/月)になっていました。それが、DMM英会話に入会することで、iKnowも無料で併用できるというメリットがあるのです。

iKnowは、お勧めですよ。TOEIC、英検みたいなかちっとした内容のほか、愛の告白に使える表現(笑)などのゆるいコースがあって、タイプしたり発音したりすることで、単語やフレーズを覚えることができるんです。学習の記録がされているので、振り返りもできます。TOEICのリーディングスコアも100点くらい上がりました。

受験英語経験者の漠然とした不安は、iKnow学習で「やってる気」になって解消できるかもしれません。スカイプ英会話は他にも色々ありますしDMMでなくてもいいと思うのですが、iKnowがセットになっていることだけはお得感あります。

 2016年の3月からDMM英会話をはじめましたが、今日で5回目、なんとなく、回を重ねるごとに、何か話してみようという気になってきました。やっぱり回数・経験ですよ!毎日3歩ずつ前進しています。フィリピン以外の先生も多くて、ドミニカ、セルビア、ルーマニアなど、さまざまな国の先生と会話してます。

レアジョブ英会話のお試しをしたときはフィリピンの先生しかいなくて訛りがきつかったですが、こういう点ではDMMおすすめかな。きのうはSAYURIの話で盛り上がりました。日本好きな先生多いです。

 

スカイプのDMM英会話、このまま継続して、学習時間1000分や10000分などの一区切りごとに、その後を報告します。学習時間ごとにシルバーとかゴールドとかグレードがあがるらしいですよ。何も貰えないけど。

それにしても 最近、祇園を歩くと、日本語よりも英語や中国語の方が高い確率で聞こえてきます。土日の伏見稲荷の前なんて、日本人含めて多国籍ピープルがホコ天状態になっていると見えて、車があまり動きません(涙)

いずれこのブログの英語バージョンも作って、外国人観光客のみなさんにも京都のことを発信できるといいな。

 

追伸:横浜に引っ越してから、DMM英会話を再度始めました。

派遣社員ですが、ある程度良い条件で、大手企業の英文事務に採用されました。TOEIC、スコアだけでも取っておいて良かったなと思います。事務所でも英語が飛び交っているので、早くついて行けるようになりたいです。

付属で使えるiKnowも平行して、毎日通勤時間にスマホを見ながら単語を覚えています。隙間時間にもやれるので、これはホントにおすすめでう。

オフィス英語なども教材にあるので、先生からアドバイスを受けながら毎日さぼらずやっています。人は必要に駆られて学習するのが一番良いようです。

詳細・入会 >>DMM英会話 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
にほんブログ村

京都宇治土産
宇治商工会議所運営お土産サイト http://www.ujimiyage.com/